{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

ザンビア ノーザンプロヴィンス NCLL農園 : S(170g)

1,670円

送料についてはこちら

  • 豆のまま

    ¥1,670

    残り3点

  • 粗挽き

    ¥1,670

    残り3点

  • 中挽き

    ¥1,670

    残り3点

  • 細挽き

    ¥1,670

    残り3点

ザンビア ノーザンプロヴィンス NCLL農園 : Sサイス(170g) ★コーヒー豆の特徴★ シャープな苦味の後に続く、柑橘系のかすかな酸味や甘味の味わいがマッチしたバランスの味わい ザンビア北部に位置するNCCL(Northern Coffee Corporation Ltd)農園は、5つのウォッシングステーションを保有する、ザンビアでは有数の高い生産量を誇る農園です。 ザンビアでは1972年よりコーヒーの生産事業がスタートしました。2000年代前半には年間10万袋ものコーヒーを生産するようになり、ヨーロッパを中心に広く使用されていました。しかしながら、アフリカを中心に猛威を振るったCBD(Coffee Berry Disease)はザンビアコーヒーにも影響を及ぼし、生産量が激減、ザンビアコーヒーに危機に訪れます。 その後、2012年、ザンビアの高いポテンシャルに期待を寄せ、コーヒー事業再生に乗り出し、全盛期を超えるようなザンビアコーヒーの生産を目指し取り組んでいます。そして今ではNCCL農園だけで、年間6万袋ものコーヒーを生産するまでに成長しています。 NCLL農園は2016年にはレインフォレストアライアンスの認証を取得し(2022年現在は独自規格にシフトしています)、環境や農家さんの生活に配慮した持続可能なコーヒー栽培を目指しています。農家さんの労働環境の改善のため、無料で薬や医療を提供したり、労働者の子供のための託児所の設置、また女性の活躍の場の創造を進めています。 推奨焙煎度 : フルシティロースト 生産地  : ザンビア北部 カサマ地区 ムバラ地区 ムプルング地区 生産者    : NCCL農園(Kateishi, Isanya, Ngoli 各エリアの農家さん) サイズ  : 15up 精製  : ウォッシュド 乾燥      : アフリカンベッド、パティオ 標高 : 1,300~1,630m 品種 : ジャバ、マルセレサ、カティモール フレーバーノート:english tea, peach, floral, brown-suger ※テイストチャート画像の赤い☆印を参考にしてください。 【推奨焙煎度】 フルシティロースト(やや深煎り) ※焙煎度について、推奨焙煎度以外のご要望御座いましたら、商品をご購入いただく際、「購入者情報の入力」画面の「備考欄」の項目にご希望の焙煎度をご記入ください。 ●シナモン(浅煎り) ●ハイ(やや浅煎り) ●シティ(中煎り) ●フルシティ(やや深煎り) ●フレンチ(深煎り) 【精製法】 ウオッシュド 【容量】 Sサイズ(170g) 【コーヒーの挽き方】 「豆のまま」「粗挽き」「中挽き」「細挽き」からお選びいただけます。 ●粗挽き・・・フレンチプレス用 ●中挽き・・・標準・ペーパーフィルター用 ●細挽き・・・エスプレッソマシン用 【美味しいコーヒーの淹れ方】 ドリッパーにペーパーフィルターをセットします。 ペーパーフィルターにコーヒーを入れます。このとき、コーヒーは平らに慣らしておく。  ※2杯分の場合・・・24g  ※1杯分の場合・・・18g 少量のお湯を注ぎ、30秒ほど蒸らす。コーヒーの粉だけに少量のお湯を注ぎ、ペーパーフィルターには直接お湯が掛からないようにするのがポイントです。コーヒーは蒸らすことで、ガスが放出され美味しいコーヒーが抽出できます。  ※用意するお湯の量は「抽出量+50cc」  ※2杯分の場合・・・300cc+50cc  ※1杯分の場合・・・150cc+50cc  ※ドリッパー内でコーヒーがお湯を吸収する売は少し多いめに用意します。 お湯を注いで抽出をします。コーヒーの上面中心部に10円玉程度の円を描くように、お湯を注ぎ、全てのお湯を滞らせずに注ぐのがポイントです。必要な抽出量まで抽出できたら、ドリッパーにお湯が残っていてもコーヒーサーバーからドリッパーを外します。最後まで抽出すると雑味の原因になります。 予め湯せんで温めておいたコーヒーカップに、抽出したコーヒーを注いだら出来上がりです。

セール中のアイテム