{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

コスタリカ タラス ラ・パストラ : S(170g)

1,160円

送料についてはこちら

  • 豆のまま

    ¥1,160

  • 粗挽き

    ¥1,160

    残り3点

  • 中挽き

    ¥1,160

    残り3点

  • 細挽き

    ¥1,160

    残り3点

コスタリカ タラス ラ・パストラ : S(170g) ★コーヒー豆の特徴★ ソフトなビター感のなかに感じる心地よい酸味と甘み タラスは、コスタリカで最も有名なコーヒー生産地域の一つです。 太平洋側の斜面の山脈に守られたこの地域は、神秘的な鳥や森の聖域であり、小さな谷や山の斜面で最高品質のコーヒーが、約22,000ヘクタール、平均では約2.5ヘクタールの小規模農園で栽培されています。 この地域で栽培されるアラビカ種コーヒーの特徴として、実が少ない、豆が小さい、平たい、色が青っぽい、外観が良い、硬いが挙げられます。豊かな酸味が特長で苦味は控えめ、濃厚な甘味と深いコクを味わえます。 コスタリカには時期は定かではないが、中央アメリカで最も早く19世紀初頭までには確実にコーヒーが持ち込まれていた。 1870年代から始まった自由主義の時代にそれまでと同様に主産業だったコーヒー・プランテーションが拡大され、コーヒーを基盤に経済が発展し、1890年には輸出の80%がコーヒーとなっていた。1988年になると、コスタリカの政府はアラビカ種以外のコーヒー豆の生産を禁止する法律を制定。コスタリカのアラビカ種のみの生産は、現在も続いている。 コスタリカは雨季と乾季がはっきりとしていて、コーヒーの木を栽培するのに適した気候である。また、コスタリカには火山帯があり、この火山帯の火山灰によって、土壌が豊かになり、品質の良い生豆を生産できる。 推奨焙煎度  : シティロースト 生産地   : コスタリカ タラス ラ・パストラ 生産者     : クーペ・タラス農協 品種   : カツアイ 精製   : ウォッシュド 標高 : 1,300m~1,500m スクリーン    : 16-18 SHB ※テイストチャート画像の赤い☆印を参考にしてください。 【推奨焙煎度】 シティロースト(中煎り) ※焙煎度について、推奨焙煎度以外のご要望御座いましたら、商品をご購入いただく際、「購入者情報の入力」画面の「備考欄」の項目にご希望の焙煎度をご記入ください。 ●シナモン(浅煎り) ●ハイ(やや浅煎り) ●シティ(中煎り) ●フルシティ(やや深煎り) ●フレンチ(深煎り) 【精製法】 ウオッシュド 【容量】 Sサイズ(170g) 【コーヒーの挽き方】 「豆のまま」「粗挽き」「中挽き」「細挽き」からお選びいただけます。 ●粗挽き・・・フレンチプレス用 ●中挽き・・・標準・ペーパーフィルター用 ●細挽き・・・エスプレッソマシン用 【送料について】 送料につきまして、他の商品とあわせて2個以上の場合は、ゆうパック(商品2点以上)をご選択ください。 【美味しいコーヒーの淹れ方】 ドリッパーにペーパーフィルターをセットします。 ペーパーフィルターにコーヒーを入れます。このとき、コーヒーは平らに慣らしておく。  ※2杯分の場合・・・24g  ※1杯分の場合・・・18g 少量のお湯を注ぎ、30秒ほど蒸らす。コーヒーの粉だけに少量のお湯を注ぎ、ペーパーフィルターには直接お湯が掛からないようにするのがポイントです。コーヒーは蒸らすことで、ガスが放出され美味しいコーヒーが抽出できます。  ※用意するお湯の量は「抽出量+50cc」  ※2杯分の場合・・・300cc+50cc  ※1杯分の場合・・・150cc+50cc  ※ドリッパー内でコーヒーがお湯を吸収する売は少し多いめに用意します。 お湯を注いで抽出をします。コーヒーの上面中心部に10円玉程度の円を描くように、お湯を注ぎ、全てのお湯を滞らせずに注ぐのがポイントです。必要な抽出量まで抽出できたら、ドリッパーにお湯が残っていてもコーヒーサーバーからドリッパーを外します。最後まで抽出すると雑味の原因になります。 予め湯せんで温めておいたコーヒーカップに、抽出したコーヒーを注いだら出来上がりです。

セール中のアイテム