{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

サバイ バグゥワン ブレンド (アジアンブレンド) :L(400g)

2,550円

送料についてはこちら

  • 豆のまま

    ¥2,550

    残り2点

  • 粗挽き

    ¥2,550

    残り3点

  • 中挽き

    ¥2,550

    残り3点

  • 細挽き

    ¥2,550

    残り3点

サバイ バグゥワン ブレンド (アジアンブレンド) :L(400g) ★コーヒー豆の特徴★ クリアな優しいビター感の中に感じて欲しい多彩な味わい アジアの多様性をコーヒーのいろいろな風味に バイ バグゥワンは、ネパール語は、सबै भगवान (sabai bhagwan)で、八百万の神。 このブレンドに主に使っている、ネパール・インドは文化、民族、言語、宗教、自然など多様性いっぱい。もちろん神様もいっぱいで、ネパールは「人間よりも神様が多い国」といわれ神秘的なイメージが強い国。 ちなみに、多様性は同じくヴィヴィドゥハタ― विविधता(Vividhatā) そうしたネパールですが、最近では日本のNPOの支援もあり、コーヒーの生産・輸出にも力がはいっています。生産者の多くは小規模農家さんで、収穫の際には、真っ赤に熟したコーヒーの果実のみを、一粒一粒手作業で収穫しています。生産地のトゥロポカラ村には、マイクロミルと呼ばれる、収穫後のコーヒーの品質を管理する施設も設置されており、これによりクリアで優しい甘みのあるコーヒーが出来上がります。 また、インドは世界で3番目に珈琲を始めた歴史は相当に古い国?!17世紀にイスラムの僧侶が、メッカに巡礼に行った途中に、イエメンから7粒のコーヒー豆をひそかにインドに持ち帰ったことがその始まりとされてます。 【推奨焙煎度】  フルシティロースト(やや深煎り) ※焙煎度について、推奨焙煎度以外のご要望御座いましたら、商品をご購入いただく際、「購入者情報の入力」画面の「備考欄」の項目にご希望の焙煎度をご記入ください。 ●シナモン(浅煎り) ●ハイ(やや浅煎り) ●シティ(中煎り) ●フルシティ(やや深煎り) ●フレンチ(深煎り) 【容量】 400g 【コーヒーの挽き方】 「豆のまま」「粗挽き」「中挽き」「細挽き」からお選びいただけます。 ●粗挽き・・・フレンチプレス用 ●中挽き・・・標準・ペーパーフィルター用 ●細挽き・・・エスプレッソマシン用 【美味しいコーヒーの淹れ方】 ドリッパーにペーパーフィルターをセットします。 ペーパーフィルターにコーヒーを入れます。このとき、コーヒーは平らに慣らしておく。  ※2杯分の場合・・・24g  ※1杯分の場合・・・18g 少量のお湯を注ぎ、30秒ほど蒸らす。コーヒーの粉だけに少量のお湯を注ぎ、ペーパーフィルターには直接お湯が掛からないようにするのがポイントです。コーヒーは蒸らすことで、ガスが放出され美味しいコーヒーが抽出できます。  ※用意するお湯の量は「抽出量+50cc」  ※2杯分の場合・・・300cc+50cc  ※1杯分の場合・・・150cc+50cc  ※ドリッパー内でコーヒーがお湯を吸収する売は少し多いめに用意します。 お湯を注いで抽出をします。コーヒーの上面中心部に10円玉程度の円を描くように、お湯を注ぎ、全てのお湯を滞らせずに注ぐのがポイントです。必要な抽出量まで抽出できたら、ドリッパーにお湯が残っていてもコーヒーサーバーからドリッパーを外します。最後まで抽出すると雑味の原因になります。 予め湯せんで温めておいたコーヒーカップに、抽出したコーヒーを注いだら出来上がりです。

セール中のアイテム