{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

コロンビア トリマ アスプラサール : M(260g)

2,210円

送料についてはこちら

  • 豆のまま

    ¥2,210

  • 粗挽き

    ¥2,210

  • 中挽き

    ¥2,210

  • 細挽き

    ¥2,210

コロンビア トリマ アスプラサール : M(260g) ★コーヒー豆の特徴★ 良質なコロンビアらしいバランスのとれた軽やかな味わい フローラルな香りを中心に複雑なアフターフレーバーの伸びが素晴らしいです Asuprasar農協はトリマ県の南部、ビルバオ地区に位置し、94の加盟農園で構成されています。 地区の土壌は火山性地質でミネラルを多く含み、最南部より日照も良い湿潤な土地は、良質なコーヒーを栽培する条件として非常に恵まれています。 また、環境に負荷をかけない農業を目指し、その地の生態系の一部となり実働していくことを理念に掲げ、この肥沃な土地でアグロエコロジーを実践しています。農薬や化学肥料の使用は行わず、生態系の保護と生産者の社会生活水準の向上を同時に実現しています。 古くからFARC(ゲリラ集団)誕生の地として、近隣のプラナダス県と同じく治安の悪い状況が続いていたコロンビア中部のトリマ県。そこは、スペシャルティコーヒーの産地としては、未開の地とされてきました。 しかし2016年の和平合意後は、荒廃した土地をコーヒー栽培用地として積極的に開墾が進められています。現在では南部と北部両方の味わいの良さを感じられる新しい産地として、バイヤー達がこぞって買い付けに来るほど注目を集めています。 推奨焙煎度   : シティーロースト 生産地   : コロンビア トリマ県 ビルバオ地区 生産者      : Asuprasar農協所属の小農家さん 精製   : ウオッシュド 標高 : 1,700-1,900m 品種 : カスティージョ、カツーラ、コロンビア 認証       : 有機JAS、フェアトレード認証 フレーバーノート : berry, grape, floral, raizin,clean-cup, rich-flavor ※テイストチャート画像の赤い☆印を参考にしてください。 【推奨焙煎度】 シティロースト(中煎り) ※焙煎度について、推奨焙煎度以外のご要望御座いましたら、商品をご購入いただく際、「購入者情報の入力」画面の「備考欄」の項目にご希望の焙煎度をご記入ください。 ●シナモン(浅煎り) ●ハイ(やや浅煎り) ●シティ(中煎り) ●フルシティ(やや深煎り) ●フレンチ(深煎り) 【精製法】 ウオッシュド 【容量】 Mサイズ(260g) 【コーヒーの挽き方】 「豆のまま」「粗挽き」「中挽き」「細挽き」からお選びいただけます。 ●粗挽き・・・フレンチプレス用 ●中挽き・・・標準・ペーパーフィルター用 ●細挽き・・・エスプレッソマシン用 【送料について】 送料につきまして、他の商品とあわせて2個以上の場合は、ゆうパック(商品2点以上)をご選択ください。 【美味しいコーヒーの淹れ方】 ドリッパーにペーパーフィルターをセットします。 ペーパーフィルターにコーヒーを入れます。このとき、コーヒーは平らに慣らしておく。  ※2杯分の場合・・・24g  ※1杯分の場合・・・18g 少量のお湯を注ぎ、30秒ほど蒸らす。コーヒーの粉だけに少量のお湯を注ぎ、ペーパーフィルターには直接お湯が掛からないようにするのがポイントです。コーヒーは蒸らすことで、ガスが放出され美味しいコーヒーが抽出できます。  ※用意するお湯の量は「抽出量+50cc」  ※2杯分の場合・・・300cc+50cc  ※1杯分の場合・・・150cc+50cc  ※ドリッパー内でコーヒーがお湯を吸収する売は少し多いめに用意します。 お湯を注いで抽出をします。コーヒーの上面中心部に10円玉程度の円を描くように、お湯を注ぎ、全てのお湯を滞らせずに注ぐのがポイントです。必要な抽出量まで抽出できたら、ドリッパーにお湯が残っていてもコーヒーサーバーからドリッパーを外します。最後まで抽出すると雑味の原因になります。 予め湯せんで温めておいたコーヒーカップに、抽出したコーヒーを注いだら出来上がりです。

セール中のアイテム